【ビリージーンキングカップ】日本―カザフスタン

杉山キャプテン率いる日本チームは、カザフスタン有明コロシアムで対戦。カザフスタンはリバキナが来ておらず、一方の日本は大坂なおみが4年ぶりに参戦ということで、試合前から日本の優位は明らかに見えた。

Rubber-1は日比野菜緒とダニリナ。ダニリナはダブルスプレイヤーで、WTAのシングルスランキングは939位。ただ、男女ともに国別対抗戦においては、資金や家族などの諸事情でふだんツアーを回れない選手が「隠し玉」のように起用されることがあるので、油断はできない。

始まってみれば、日比野が一方的に仕掛け、押す展開に。実力差のせいか、いつもよりのびのびと自分のテニスができており、コースの打ち分けや回転もいろいろと試す感じで、それがうまく回っていた。実のところ僕はこの日、会議が終わったら有明に向かおうかと考えていたのだが、試合の進行が速く、会議も長引いたので、早々に断念して帰宅後のWOWOWオンデマンド観戦に切り替えたのだった。それくらいに、一方的な試合だった。

続くRubber-2は大坂なおみがプティンセバと対戦。これまでのH2Hは大坂の1勝3敗と、分の悪い相手だ。大坂はファーストサーブの確率が決して高いわけではないながら、エースを次々と決める。パワフルなテニスの印象ではあったが、プレースメントも絶妙で、ワイドぎりぎりを狙ったショットや相手を押し込む深いショットが効果的だった。悪い時のなおみちゃんは、ネットに掛けてしまうことが増えるのだが、この日はほとんどそれが見られなかった。

僕が何よりもうれしかったのは、試合後のオンコートインタビューで大坂が自然な笑顔になっていたこと。そして杉山さんがそれをうまく引き出しているように感じられたことだ。日本語が苦手なこともあって選手間のコミュニケーションにも苦労しがちな彼女を温かくサポートし、試合中も余計な指示をするのではなく最低限のメンタルコントロールに徹していたように見えた。大坂にとっては、この上ない環境だったはずだ。

初日を終えて日本が2勝。土曜日は3列目という良い席での生観戦なのだが、日比野がプティンセバに勝ってしまうと日本の勝ち抜けが決まり、なおみちゃんの試合がなくなってしまうことが最大の懸念だった。

そして土曜日のRubber-3は、日比野とプティンセバの対決。この試合はとにかく激しい闘志がぶつかり合い、テニスの内容も非常に高いものだった。日比野が勝てば大坂の試合がなくなり、負けて大坂が勝てばアオシバのダブルスが見られなくなる。そんな複雑な気持ちが当初はあったが、そんなことはどうでもよくなり、とにかくここまでがんばっている日比野に勝たせてあげたいという気持ちが強まった。

ラリーでも、お互いすべてのショットに遊びがなく、常に攻め続ける。プティンセバがしつこく日比野のフォアサイドを攻めれば、日比野は狭いサイドにダウン・ザ・ライン。普段は礼儀正しい振る舞いと、ポイントを落としたときに両足を揃えてちょこんと跳ぶ仕草が記憶に残る日比野だが、この日は叫ぶ、吠える。「おらぁ」とも「うりゃあ」とも表せそうな声を発して、一歩も譲らなかった。

ファイナルセットの第3ゲームを競り合いながらブレークしたプティンセバがメンタル面でも優位に立ったように見えたが、次のゲームで、これまで決まっていたドロップショットを日比野が拾って流れが変わる。タイブレークではマッチポイント4本を凌いだ日比野が一気にひっくり返して勝利をつかんだ。

大坂の試合は見られなかったが、開始前にコートで練習する彼女をコートエンドの3列目で見られたので、まあよしとしよう。

デッドラバーとして行われたダブルスは、競った展開で見応えはあったが、アオシバは細かいミスが多くマッチタイブレークで終盤に追いつきながら振り切られてしまった。青山はセカンドサービスのレットが目立ったが、時折見せる鋭いサーブには、まだまだ成長を続けている様子も窺えた。

最後のオンコートインタビューでは、選手5人と杉山キャプテンが仲間と観客に感謝を伝えた。その様子を見ているだけでも、杉山愛さんが選手のモチベーションを引き出し、チームに一体感をもたらしたことがよくわかる。組織を活性化させるポイントがここにあることを、あらためて認識させてもらった。やはり、よいチームは仲が良く、同じビジョンを描いているのだ。

【桜便り】音無親水公園の夜桜

ソメイヨシノの季節は早々に終わりつつあり、八重桜が少しずつ花を咲かせています。この画像は先週の音無親水公園。飛鳥山公園の花見でにぎわう王子駅の裏側にあって、地元民以外にはあまり知られていない穴場です。

夜にはライトアップもされていて、なかなか幻想的。カメラ好きな知り合いにオススメすると、たいてい満足して喜んでもらえるスポットなのです。京浜東北線王子駅東京メトロとは反対側に出ると、すぐに見つかるはずですよ。

この時期、近くのスーパーは花見の買い出し客で大混雑するので、それを避けてあえて遠くのお店まで買い物に出掛けるのはちょっと面倒でもありますけどね…

【モンテカルロMS】マウ/ロジェバセラン―アルネオド/ヴァイスボーン

配信ではあるけれど、久しぶりにテニスでダブルスの試合を観戦。序盤はお互いサーブが不安定で、ダブルフォルトサービスゲームを落とし合う締まらない展開になっていた。カメラの位置と角度が悪く、レッドクレーの色のせいもあってボールが見にくい中継だったが、風があるわけでもないのにトスアップをやり直す場面も散見されたのは、何が要因なのか気になってしまった。

ファーストセットはタイブレークにもつれ込むも、マウとロジェバセランが競り負ける。フロントに出たときの選択肢が悪く、当てるだけで勢いのあるリターンを返せない場面が続いてしまった。それは見方を変えれば、相手がネット際で圧をかけることに成功したということ。ロジェバセランの反応が遅れて、ワイドにアウトになる場面も多かったのではないか。ディサイディングポイントでのリターナーを途中でマウに代えていたのは、そのあたりの問題意識によるのかもしれない。

セカンドセットに入ると、マウとロジェバセランがんかなり本来のプレーを取り戻し、割とあっさりと取り返してマッチタイブレークに。マッチタイブレークの序盤ではマウとロジェバセランがリードしながらもなかなか振り切れない展開ではあったが、終わってみれば10-5で実力的に順当な結果となった。

マウはコンディションもベストではなく、年齢的なものもあるので、この後どのようなシーズンになるか気になるところ。ダブルスの40歳はまだまだできる年齢なので、彼の雄姿が見られることを期待している。

【ドラマ】黒い森 殺人事件

フランス国境に近いドイツの「黒い森」で起きた連続殺人事件を追う物語は、フランスとベルギーの共同製作。フランス側はストラスブール、ドイツ側はカールスルーエを中心に展開する。吹替版で見たので、実際にどの言語が話されていたか不明ではあるが、両国の警察が牽制し合いながらの駆け引きからは、いかにもヨーロッパという印象を受ける。

英国とフランス、デンマークスウェーデンといった関係は定番だが、ドイツとフランスと言えばナチスドイツのフランス侵攻や「最後の授業」のアルザス・ロレーヌ地方のことが頭に浮かぶ。それらの背景を踏まえて、自分なりに肉付けしながら見ることができた。ただ、地元の人にとってはもっと深いところまで理解できるはずなので、製作側の意図が日本人の自分にどこまで伝わったかは何とも言えないところだろう。

「バティスト アムステルダムに潜む闇」のチェッキー・カリョがドイツの刑事を演じているが、クセの強さがハマっている。彼はトルコ出身なので、トルコ移民の増加に悩むドイツの刑事という設定にも意味がありそうだ。

不思議なのは、タイトルの「黒い森」と「殺人事件」の間にスペースが空いていること。原題は"Les Disparus de la Forêt-Noire"なので、特に分ける必要はないように思えるのだが…

【ストリートアート】バリー・マッギー

渋谷と恵比寿の間にある「庚申道ガード」に、ストリート系アーティストであるバリー・マッギーが作品を描きました。災害時の避難経路をアートで表示する「渋谷アロー・プロジェクト」の一環のようなのですが、この作品を見る限り矢印など避難の方向が示されているようには思えませんね。

とはいえ、著名なアーティストがこんなローカルな場所に大作を残してくれたことには感謝しかありません。終わってはしまったけれど、伊勢丹新宿店でもバリー・マッギーらしさを引き出す展示が見られたので、僕の中での彼の存在感はまた大きくなりました。

【フィギュアスケート】STARS ON ICE 2024

世界選手権が終わってオフに入ったフィギュア界は、しばらくアイスショーのシーズンが続く。この時期の日本は桜の花を楽しめるということもあって、期待して訪れる海外の選手も多いことだろう。インスタのストーリーズなどでは、選手たちの楽しそうな観光の様子を見かけることも多い。

りくりゅうが欠場したものの、日本からは宇野昌磨と坂本花織を筆頭に若手も顔を揃え、イリヤ・マリニン、イザボー・レヴィト、ルーナ・ヘンドリックスも来日。僕の一番の期待はマディソン・チョックとイヴァン・ベイツだったが、その期待に応えて白い布を使ったアーティスティックな演技を披露してくれた。

一方で、気になったのがゲスト出演したキーガン・メッシング。相変わらず表情豊かに、バックフリップを決めるなどアリーナを湧かせたのだが、ジャンプは2回とも跳び損ねてしまい、彼の持ち味である爆走感もあまり感じられなかった。すでに引退しているとはいえ、競技生活の延長としてショーに出演する以上は、やはり競技で使う技にはこだわりたいはず。ジャンプを失敗したキーガンの表情からも、不完全燃焼というような様子が窺えた。僕としては、まだキーガンの演技をショーで楽しみたい思いもあるのだが、この状況では来シーズンは難しいかもしれない。

大会でのSPを使用した選手も多かったようで、エキシビションのようなエンタメ色の強いプログラムが少なかったことは残念。そんな中で三浦佳央を従えてドライバーに扮した「Jazz Machine」で盛り上げた友野一希はさすがだった。整氷前の坂本との掛け合いでは、普段あまり感じない関西弁イントネーションがはっきり出ていて、素に近い表情を見せてくれた。

今回はスカパーのTBSチャンネルでの視聴だったが、ショーに実況と解説は不要ではないだろうか。相変わらず八木沼純子さんがジャンプの種類をコールしたりしていたが、プログラムが始まったら基本的には黙って欲しい。「友野の相方は三浦」というような有用な情報は、ぜひ伝えて欲しいとは思うのだが…

【大分―秋田】攻め切れない弱み

岡山戦に続いて、相手に退場者を出しながら攻め切れない弱みを露呈してしまったことは、敗戦以上に大きい損失ではなかったか。それにしても大分トリニータは、いろいろと残念な結果を残してしまったものだ。

守備に関しては、さほど悲観するようなものではない。最初の失点は秋田の攻撃がプラン通りのものだったところに不運も重なってしまったし、2点目のPKは意味不明。3点目は攻めに出てのカウンターなので、致し方ないだろう。

秋田がゲームプラン通りに点を取ったことに比べ、大分はゲームプランがないに等しかった。今の戦力ではやむを得ない部分も大きいので、誰かを責めても意味がないとは思う。これまで疑問だったのは、なぜ長沢をトップに張らせずに低い位置で受けさせるのかということだったが、今日のゲームを見ればその答えがわかる。インサイドで縦にパスを通そうとしても、長沢しかボールを収められる選手がいないのだ。

縦パスを試みても受け手のスキルが足りないので、出し手が躊躇するようになってゆく。それが端的に出ていたのが小酒井だ。若手の起用は推奨したいところだが、小酒井のように怖がっていてはどうしようもない。前節良い面を見せた有働も、プレースキックはまったくダメで、中の選手が揃って「キッカーを変えろ」という手振りをしていたところを見れば、可能性のなさがわかる。なぜ彼をキッカーに指名していたのか、そして、どんなプレーを期待して最初から起用したのか。ゲームを見る限り、これが最大の謎だ。

そして、もうひとつ。今日の主審を務めた大橋侑祐は、問題外だった。今季からJ2担当に「昇格」したようだが、ファウルもアウトオブバウンズもまったく見れていない。笛の基準もあいまいな上にポジショニングも悪く、自分がボールに当たってしまった際の処理も納得しかねるもの。スキルのない審判が無理に作る笑顔は、見る者を不快にさせるだけだ。彼に限らず最近の審判のレベルには大きな問題があるので、JFAは真剣に審判育成を考える必要がある。