【全豪オープン】小田凱人―フェルナンデス

オーストラリアン・オープンの車いすテニス、男子シングルス準決勝に期待の小田凱人が登場。国枝慎吾が引退を発表した直後ということもあって、日本テニスの後継者として期待がかかる小田が、国枝のダブルスパートナーだったフェルナンデスと対戦した。強靭な腕っぷしから繰り出すパワーテニスのフェルナンデスに、こちらも思い切りのよい攻めを見せる小田がどう戦うのか興味津々だった。

序盤だけ見れば小田の楽勝かと思われたが、そこはさすがにフェルナンデスは経験がある。車いすテニスの場合、サーブに高さをつけることができないため、サーバー側が有利ということもない。さらには、レシーバーはサーブのタイミングに合わせて後方から勢いをつけるので、そこをずらされたりトスを上げ直されたりするとやりづらい。フェルナンデスはそのあたりを意識したプレーで、巧みに小田のリターンを難しくしていたように見えた。ただ、それが行き過ぎると自分のプレーができなくなるので、フェルナンデスとしてもギャンブル要素のある戦術だったはずだ、

セットオールから迎えたファイナルセットは、いきなりフェルナンデスがブレークするも小田が3-1とひっくり返す。しかし、ここからフェルナンデスが4ゲームを連取するが、小田の気持ちが逸るところをうまく返されたということか。3-5からの第9ゲームでマッチポイントを握られながら、気迫で粘ってセーブ。ここから小田が勢いを得て、怒涛の連取でマッチポイント。この展開は、まさに昨年の楽天オープンで一度は国枝を逆転して金星かと思われたあの試合の再現のようだった。楽天オープンでは国枝に再度逆転されてしまったので、今回はその経験も生かしていたのだろう。

フェルナンデスのリターンが高く上がって外れるコースに出た時点で両手を広げた小田は、アウトになった瞬間に喜びを爆発させた。国枝が「最強」のまま引退した直後に後継者がファイナリストになる。楽天オープンから続く歴史の転換点を、僕たちは目撃した。

【ストリートアート】バンクシー?

表参道に出現したバンクシーかもしれないというストリートアート作品。電柱に描かれていたのですが、マスメディアが必要以上に取り上げて東京電力にまで問い合わせてしまった影響もあって、すぐにカバーで覆われてしまった模様。この画像を撮影したのは早朝ですが、その数時間後には見られなくなってしまったようです。

近所迷惑になるのはよくわかるので、致し方ないとは思うものの、騒ぎたいだけのマスメディアは本当に困りものです…

【北欧ドラマ】ブラックレイク シーズン2

主人公がバカすぎてレビューを書く気にもならなかったシーズン1とは違い、ヨハンのボンボンふりがマイルドになった印象のシーズン2はストレスなく見進めることができた。シーズン1の舞台だったスキーリゾートのブラックレイクは出てこないし、ストックホルム沖にある孤島が舞台なので、そもそもレイクですらない。最後にミンニーの台詞でそれらしい単語が出てくるので、もしかしたらシーズン更新の可能性もあったのかもしれない。ただ、シーズン2が2018年なので、もう期待はできないだろう。

ホラー要素は薄められ、前シーズンのように序盤から一人ずつ死んでゆくような演劇がかった構成でもない。しかしながら終盤、特に最終エピソードでの登場人物たちの行動は現実的にはあり得ない印象が強く、いかにもストーリーを成立させるために都合よく動かしている雰囲気が滲み出てしまったのは残念だ。結末はおもしろかったし、予想を裏切るものではあったけれど、結局のところ予定調和感がアリアリなのだ。

ヨハンを演じたフィリップ・ベルイは、捜査官カタリーナ・フスでの激情的な演技と対比することで、役者としての巧さが際立つ。脚本と監督の指示を完璧に咀嚼してこその演技で、描いている人物は好きになれないものの、役者としては大いに評価できる。多くの作品に起用されているようなので、ぜひ見てみたいものだ。

【映画】ザ・メニュー

ホラーとコメディの要素を絶妙なバランスを織り込んではいるが、これは間違いなく演劇空間。そこだけにしかない価値観と合理性が作品全体を覆い、非現実性を十分に醸し出している。言い換えると、そこで起きたことのすべてを理屈で判断することはできず、説明もされないということ。それでありながら、何となく納得させられてしまうところが「演劇空間」なのであり、そんな空気を世界観として作り出しているところが秀逸な作品なのだ。

高めの価格帯を設定している飲食店にありがちな、提供者側の一方的な視点による料理や演出に対し、自らの考えをしっかりと表明するマーゴ。提供者側のスローヴィクも、無理に作り上げる傲慢なまでのロジックに自ら疲弊している。料理は愛情であり、わけのわからないコンセプトよりも、懐かしいチーズバーガーこそが本物なのだというメッセージは、あらゆるビジネスの本質を考える上で検証してみるべき論点なのだと感じた。余計な、不要なもののために、お互いが無駄に疲弊してはいないだろうかと。

役者陣も個性派揃い。「クイーンズ・ギャンビット」のアニャ・テイラー・ジョイはすっかり大人っぽくなり、妖艶な雰囲気さえ漂わせる女性を好演し、「ハリー・ポッター」シリーズのヴォルデモート役レイフ・ファインズは冷徹な悪役シェフの世界観を作り上げる。「ジェシカ・ジョーンズ」でのジェシカの母親役が印象的なジャネット・マクティアや「ハウス・オブ・カード」で副大統領ブライスを演じたリード・バーニーも、いかにもな役柄で存在感を示すが、僕としては何と言っても「レジデント」で傲慢な経営者ローガンを演じるロブ・ヤングが不安そうな表情でおびえているシーンが一番の見ものだ。

不思議な後味が漂う作品だが、見終わって損をした感情はまったく湧いてこないので、一見の価値はあると思う。

【全豪オープン】ハチャノフ―西岡良仁

立ち上がりは慎重に出たハチャノフはサーブに威力を欠き、「あまりよくない」という印象のプレーだった。しかし、それはCitiオープンで敗れた西岡を研究し尽くしてのことで、力で押さずにミスを減らす作戦だったようだ。西岡が得意とする緩急の打ち分けや回転を変える戦術を先にハチャノフが取り、ラリーでも先にミスをしない。最初の2ゲームで競り負けた西岡は、ここから泥沼にハマってしまう。

2つ目のブレークを許した時点でファーストセットは捨て、セカンドセットでの切り替えを狙ったはずの西岡だが、何も変えられないままにポイントを失う。なんと20ポイントを連続して奪われてしまい、これではパニックに陥るのは必然。何をやっても裏目に出る状況が続いて、ダブルベーグルまで追い込まれた。ハチャノフは、この時点ではもう何のプレッシャーもないまま、伸び伸びとしたテニスを繰り広げる。だからこそ、西岡が流れを変えれば、一気に引き寄せられる可能性もあった。

サードセットでもブレークを許したものの、第3ゲームでジャックナイフを繰り出してブレークポイントを握ったところでポジティブなメンタルを取り戻し、ここからは攻めに行ったショットが狙い通りのプレースメントになる場面が増える。しかし、いかんせんサーブでポイントを取れないので、タイブレークにもつれ込んでしまってはやはり不利だった。

相手に合わせた戦術、メンタルの上下動、切り替えのタイミング。テニスで勝負の綾を決める要素がすべて詰まった試合だった。セカンドセットではポイントを取っただけで大歓声を浴び、自ら自虐的に観客を煽った西岡が、サードセットでは観客を熱狂させるだけのプレーを見せるのだから、本当にテニスは難しい。だからこそ、観戦する価値があるというものなのだ。アデレードのような終わり方ではなかったことが、西岡のささやかな成長なのかもしれない。

【全豪オープン】シグムント―ガルシア

オーストラリアン・オープン8日目は盛りだくさんな内容。マレーとバウティスタ・アグートの試合もドラマティックだったし、青山修子と柴原瑛菜の女子ダブルスや柴原とクールホフのミックスでは、柴原の主にサーブでの不調が気になった。さらには地元のリンキー・ヒジカタとキュブラーが、グラスプールとヘリオバーラに競り勝つという大熱戦もあったし、こちらも地元のサヴィルとボルトがパビッチとメクティッチを相手にジャイアントキリングを見せた。

そんな中で、僕が一番興奮したのがシグムントとガルシアの試合だった。ファーストセットを見る限り、ガルシアの表情もプレーも冴えず、このままシグムントが押し切ってしまうようにしか思えなかった。しかし、セカンドセットでガルシアが切り替えに成功。攻めるポイントで外れていたショットが決まり始めると、明らかに表情もプレーの質も上がっていった。何が違うのか、何を変えたのかは明確にはわからなかったが、スイッチが切り替わったことはガルシアの表情から見て取れた。

セットオールで迎えたファイナルセットはブレーク合戦で始まる激しい展開。ポイントごとにKIAアリーナのスタンドも盛り上がる。スタンドではガルシアを応援するチャントが鳴り響き、ファーストサービスとセカンドサービスの間にもそれが繰り返されるので、チェアアンパイアが神経質なほどに注意していた。その流れからガルシアが5-3とリードしてマッチポイントを握り、シグムントがセーブした場面でまさかのタイムバイオレーション。この場面でよくコールしたなと思いつつも、確かにシグムントのサービスは時間がかかっていたので、個人的には致し方ないと思える。

ポイントを奪って激しいボディアクションで自身と観客を盛り立てるシグムントも、ついに力尽きて1-6 6-3 6-3でガルシアが勝利を収めた。ガルシアの4回戦はリネッテなので、こちらも熱い戦いになることだろう。

【全豪オープン】マッケンジー・マクドナルド―西岡良仁

アデレードに続いて再戦となったマッケンジーマクドナルドに対し、西岡は序盤から持ち前の多彩はショットで攻める。マッキーも同様なプレーで応戦し、ファーストセットはキープを続けてイーブンのままタイブレークへ。2本のミニブレークを握りながら追いつかれた西岡だが、6-6からこの日最初のサービスエースを絶妙のプレースメントで叩き込んで流れをつかんだ。手振りもいつものようなネガティブなものではなく、渾身のガッツポーズ。これならスタンドの観客も盛り上がるはずだ。

しかし、セカンドセット第1ゲームのデュースという場面でマッキーがメディカルタイムアウト。腹筋を痛めた模様で、この後もトレーナーの治療を受け、自分でも腹筋部分をさすりながら、何とか最後までプレーしてくれた。サーブが打ち切れずにアンダーサーブを多用するゲームもあったが、これで西岡を前に誘き出してパッシングという、ちょっとズルささえ感じてしまうクレバーな選択だった。西岡の優勢は最後まで変わらなかったが、マッキーもブレークバックで意地を見せた。このあたりは、ナダルが股関節を痛めながらも最後までプレーしてマッキーに敗れたことが影響していたのかもしれない。

結果としては7-6 6-3 6-2で快勝した西岡が、ここまでセットを落とさずに4回戦に進出することとなった。Twitterで西岡自身も「相手の怪我もあり正直何とも言えない気持ちではありましたが」とツイートしていたように、気持ち的にはすっきりした勝ち方ではなかったのだろうが、ファーストセットを粘って取っていることでこの勝利が運ではないことを証明している。次はハチャノフ。去年のDCで勝っている相手なので、臆する必要はないだろう。