#大分トリニータ

【大分―甲府】歓喜は最後に待っていた

試合の流れから見て、もう勝てないだろうと、それどころか負けてしまうのではないかとすら考えたゲームは、最後に歓喜が待っていた。終盤の大分は、GKからのロングボールに頼るサッカーで、これでは下田や野村は生きない。肉離れから復帰した長沢を狙って金…

【金沢―大分】メンバー選択の功罪

終盤の猛攻で2点差を追いついてのドロー。昇格争いの中で勝ち点3を逃したことは非常に痛いのだが、こんな内容での追い上げを見せてくれればプロスポーツとしては上出来だ。ペレイラと弓場のゴールではあるが、金崎や梅崎、伊佐、伊東、呉屋もそれぞれ個性…

【大宮―大分】相手のペースにハマる

前線からプレスを掛ける、バタバタした展開のサッカー。正直なところ、見ていてあまり面白くない。大分は先制されながら逆転したものの、結局自分たちのペースをつかめずにうまく守られてしまった印象がある。前半の中盤あたりは、しっかりゲームを落ちつけ…

【大分―仙台】2つの型がハマった勝利

前半はサムエルをターゲットに、梅崎と町田は下がってボールに絡み、弓場が攻め上がって隙を狙っていた。これでチャンスは多く作っていたのだが、そこには盲点がある。梅崎と町田がゴールから遠い位置でプレーするためにサムエルにマークが集中してしまい、…

【新潟―大分】気持ちで負けない

今日の大分は、序盤から勝てそうな予感があった。それは早い時間に先制したからではなく、前線からの厳しい守備に、負けない、奪い取るという意識がありありと窺えたからだ。高い位置からプレスを掛け、90分を意識せずに、行けるところまで行こうという気持…

【秋田―大分】クロージングは完璧

大分にとって、90分通しての展開は決して褒められた内容ではなかったが、最後のクロージングは完璧だった。最近は早めに動いたことで戦術が悪い方向に回っていたのだが、今日は中盤の守備が機能していたこともあって交代を遅らせた。その結果、終盤に町田と…

【水戸―大分】守備力不足が露呈

こんな守備を見せられると、補強すべきはベテランのFWではなくセンターバックだったのではないかとつくづく思わされる。最初の失点はペレイラと上夷で木下を挟んでおきながら、ペレイラはなぎ倒され上夷は簡単に振りほどかれた。三竿も詰め切れていなかった…

【大分―岩手】インサイドの人選

負傷者やコロナ陽性者が相次ぎ、誰がプレー可能なのかわからない状況での印象だが、このメンバー選定の意図がまったく理解できない。前節終盤のまったくボールが前に進められない状態に陥ったのは、サイドで安易に仕掛けようとしてロストしたため。インサイ…

【徳島―大分】采配ミスのドロー

本当に大分トリニータは、記念すべきゴールを無駄にしてしまう。サムエルの2試合連続ゴールはまだしも、梅崎の大分復帰後リーグ戦初ゴールをこんな形で祝えなくしてしまうのは実に情けない。足が攣っての交代が続いたが、相変わらずコンディション調整がうま…

【町田―大分】最低限の成果

今日の内容なら、勝たなければいけなかった。しかし、最終的に追いついて勝ち点を拾ったことは、今後に向けても決して小さくない成果だった。大分が苦しんだのは、もちろん無駄なPK献上が要因だ。これまでもあったように、前後半キックオフ直後にペレイラは…

【大分―東京V】選手かシステムか

故障者が続出していた大分にとって、選手の復帰は歓迎すべきところ。しかし、復帰してきた選手を含めてベストの11人を選んでしまうと、うまくいっていたシステムがハマらなくなってしまう。今日のゲームを見ても、高畑は交代早々からチャンスを作り出すこと…

【大分―群馬】発展途上の勝利

大分は3試合ぶりの勝利を収めたが、攻守の形はまだまだ発展途上だ。前半の序盤に、中川がうまく井上を使うシーンが何度かあり、これまで右サイドの仕掛けが停滞していたことに比べて改善の跡がうかがわれた。一方、2トップの形はいただけない。呉屋にポスト…

【大分―岡山】個性を生かせず

2度リードしながら追いつかれてのドロー。最後は交代で投入した選手の力を生かすことができず、もったいない形ではあった。しかし、今のチーム状況を考えれば、決してネガティブに考える必要はないのではないか。もともとセンターバックを補強できずに臨んだ…

【山口―大分】連戦の恐怖

重い動き、意識がバラバラ、ゴールが奪えずにスコアレスドローとネガティブな要素を挙げればキリがないくらいのゲームだったが、そんな中でも三竿のハーフタイムでの交代が気になる。ただでさえDFが不足している状況で、ペレイラと三竿だけが安心してみてい…

【大分―千葉】的確な交代カード

前半の大分は、再三にわたって保田のところでボールを失っており、危ない場面に何度もつながっていたから、ハーフタイムで弓場に代えたのは正解だ。もっといえば、前半の途中で代えてもよいくらいだったのだが、それでハーフタイム以外の交代回数を消化して…

【熊本―大分】執念の守備

前節の栃木戦ではロスタイムの失点で勝利を逃しているだけに、大分の終盤の守備は異常なほどに集中していた。攻撃することすら忘れたような印象で、とにかく守り切ることで前節の悔しさを乗り越えようという執念だったのではないだろうか。もう一点取りに行…

【天皇杯3回戦】大分―G大阪

僕がフットサルをやる際に、守備の局面でうまいチームメイトによく言われるのが「飛び込むな。遅らせろ」ということ。素人はついボールに向かって足を出したくなるのだが、それをせずに待つことで他の選手が守備に戻る時間を作ることが大事なのだ。天皇杯3回…

【栃木―大分】惜しくないドロー

ロスタイムの失点で勝ち点2を失う結果になったが、率直に言って悔しさを感じなかった。なぜなら、勝ち点3を取れるような内容ではなかったし、それよりも気になるのはペレイラの負傷というゲームでしかなかったからだ。セットプレーで羽田のJ初ゴールが生まれ…

【大分―新潟】失われた攻撃意識

「ボールを新潟に持たせないことがポイント」と語っていた下平監督だったが、それならなぜボールをしっかり前につなげる11人を選らばなかったのだろうか。藤本は何度もよい形でボールを受けていたが、相変わらず判断が遅くボールを持ちすぎる。テクニックも…

【大分―町田】緩めなかった勢い

町田には絶対に負けたくない。それは、J2-J3入れ替え戦で敗れた鮮明な記憶があるからだ。サムエルのリーグ戦初ゴールで先制して、いつものようにギアを落としてしまうことが心配だったが、今日の大分は勢いを緩めずに攻め続けた。ボランチの羽田のところから…

【群馬―大分】意識の改善

今日の勝因を一言で表現すれば、先制した後に安心しなかったことだろう。今季の大分が何度も見せてきた「無駄な余裕」から脱却して、不格好ながら2点目を取りに行ったことがすべてだったように思う。しかし、形にならない。相手の2トップの間にポジションを…

【大分―秋田】絶望的な無策

使える選手が限られている事情はわかる。もちろん、負傷者があまりにも多いことがベンチの責任でないとは言えないのだが、いったいどんなゲームプランだったらこんな無様な試合ができるのだろうか。DAZNの実況席は弓場を絶賛していたが、僕の評価がまったく…

【岡山―大分】カタノサッカーへの回帰

悪い意味で、カタノサッカーに戻ってしまった。ポゼッションはできるが、リスクを負わないで下げてしまうためにチャンスが作れず、結果としてゴールが奪えない。これは恐らく岡山の木山采配が当たったのではないかと思うが、今の大分は引いて守られると崩せ…

【ルヴァン杯】大分―C大阪

今節も勝てはしなかったが、選手のスタンスはまったく違っていた。デュエルを仕掛けて抜こうと試み、何度もチェイスをかけ、無駄に下げるシーンも少なかった。早い話が「気持ちの問題」なのだが、それができていなかったことに気づき、修正できたことはこれ…

【大分―熊本】修正は成功した

昨季は苦手だったゲームの中での修正については、今季の大分はそれなりの成果を残している。このゲームでも、何もできなかった前半からチャンスを作り続ける後半への変貌は、見事としか言いようがなかった。ただ、前半の一番の課題は攻守にわたる上夷のとこ…

【山形―大分】ポジティブな勝ち点1

あのままスコアレスで終わっていたらがっかりだし、ロスタイムの失点で負けていたら最悪だった。そんな状況を、ペレイラの3度目となる土壇場の同点弾で打ち消し、前向きな印象だけを残してくれたのだから値千金とはこのことだ。それにしても、井上が勝負に出…

【大分―大宮】機能しない右サイド

岩手戦の後に下田が語っていたことは何だったのか。リードした後に余裕を見せてしまい、結果的に激しい追い上げにあってしまった経験は生かされなかった。エドゥアルド・ネットのゴールでリードしながら、その後は試合終盤に逃げ切りを図るタイミングでもな…

【千葉―大分】良い内容に結果が伴う

3-0という結果も素晴らしいが、今日の収穫は何よりもゲームの内容だ。スタメンは最近定着してきた4-4-2だったが、サイドハーフには中盤が本職の選手を起用した。もっと言えば、ボランチを4枚並べてきたともいえる布陣だ。これまでの4-3-3や4-4-2はインサイド…

【大分―栃木】駒が足りない

今節のスタメンとサブのメンバーを見た時点で、終盤のゴールは期待できないと感じていた。控えのFWがリーグ戦での実績に乏しい宇津元と藤本では、カードもなかなか切れないし、切ったとしても期待感は高くない。それよりは呉屋の決定力と長沢の高さを引っ張…

【ルヴァン杯】鹿島―大分

このゲームにグループリーグ突破を賭けているはずもない大分は、恐らくは2つのテーマがあったのではないか。まずは、リーグ戦で金沢にやられた「しっかり守ってカウンター」を今度は自分たちが成し遂げること。そして、前々節のセレッソに粉砕された自信を…