#大分トリニータ

【大分―名古屋】上昇の兆しも

最初の失点は高木のファンブルで、2点目はCKからのボールが山崎にかすって軌道が変わって坂のオウンゴール。そして3点目は攻めに行った裏をやられたもの。すべてちょっとしたミスと不運によるものと言ってもよいのだが、それがここまで集中して起きるのは…

【神戸―大分】危険な予兆

大分にとって、この試合は今後の展開を占う上で非常に大きなものとなった。序盤はまったく自分たちのボールにできず、相手に追い立てられてボールを失うばかり。これは、ここ数試合、ハイプレスを受けるとあわててパスミスを犯して決定機を与えてしまうとい…

【川崎―大分】実力の差

DFが大崩れしたわけでもなく、不慣れな4バックで臨んだにしては真ん中を割られることも多くはなかったので守備に不安があるわけではない。しかし、これだけ攻撃が形にならないのでは、相手のレベルがもう少し下がってもゴールが奪えないような気がしてくる。…

【ルヴァン杯】徳島―大分

今、大分のサッカーで一番気になっていることは、ビルドアップできないということだ。特にゲームの終盤になって、ビルドアップのためにパス回しをすればミスから奪われ、前線にフィードを送ればタッチラインを割る。それはGKからの展開でも同じことで、今の…

【大分―広島】交代のジレンマ

サブを含めた大分の今日のメンバーは、最適だったのだろうか。ミッドウィークにも試合があった影響もあるだろうし、コンディションの問題もあるだろう。しかし、広島のサッカーが理解できていれば、この人選にはならなかったように思う。そのあたりは推測の…

【C大阪―大分】前を向ける敗戦

好調な大久保と清武を擁するセレッソ相手に、センターに刀根を配して高畑と黒崎のDFライン。悲惨な結果すら想定に入っていただけに、前半をゲームプラン通りスコアレスで終えた時点で、僕は充実した達成感を覚えていた。結果的には坂元の見事なゴールで敗れ…

【大分―東京】狙いの見えないキャスティング

ここまで今季の大分の見る限り、昨季のようなポゼッションそのものにこだわるのではなく、早いタイミングでシャドーが裏を狙って動き出し、長いフィードを送るスタイルに移行しているように思っていた。そこに長澤を起用するのであれば、当然マークが厳しく…

【横浜FC―大分】勝った気がしない勝利

2-0からの1失点は痛い。ここで1点取られると、追いかけている側に流れが移ってしまう。それはサッカー界の定説だ。今節の大分は、それを地で行ってしまった。序盤に三竿が「うまく合わせた」とも「たまたま当たった」とも言える形で先制すると、その2分後に…

【ルヴァン杯】大分―神戸

大分サポーターにとって、この試合の一番の見どころはGKポープ・ウィリアムとDF刀根の関係だ。2019年の天皇杯3回戦、鹿屋体育大学との一戦で足を痛めていたポープが刀根の不用意なバックパスに反応できずオウンゴールを献上している。ポープの移籍直後のメ…

【大分―徳島】試行錯誤の開幕

前半の大分を見る限り、開幕に向けた準備ができていないようにしか見えなかった。それでも後半立ち上がりから修正して、ドローに持ち込んだ事実は収穫と言ってよいだろう。ここ数年そうであったように、片野坂監督は開幕時点ではレギュラーを決めかねていて…

【トリニータ】岩田がマリノス移籍

岩田智輝の横浜移籍が発表された。前線が日替わりな大分にあって、3バックはほぼ替えが効かない不動のメンバーであり、その中でも岩田は右サイドの攻撃サポートや膠着状態からのゴールなどで存在感を示していた。片野坂監督のコメントも出され、クラブとして…

【鳥栖―大分】TO DOの消化

降格のないシーズンで、最終節で勝っても順位が上がる可能性もない。大分にとってはモチベーションの難しいゲームとなった。結果的には「TO DOリストの消化」になったように思うが、例えば出場機会の乏しい選手にチャンスを与えることだったり、オリンピック…

【湘南―大分】沈黙の前半

湘南戦での大分は、前半まったく攻撃が機能しなかった。自分たちのスタイルであるポゼッションからのビルドアップが崩壊していたが、サイドが起点になれなかったためだ。さらにその原因を探ると、中途半端なシステムに行き着く。右ワイドのはずの岩田が、い…

【大分―札幌】惜別と希望と

今季のホーム最終戦は先制しながら惜しいドローとなったが、契約満了となる3選手が交代出場でピッチに立つ一方、連続フル出場を継続してきた鈴木が欠場した穴を羽田が埋めるといういろいろな意味での分岐点となるようなゲームとなった。小手川もサブには入っ…

【柏―大分】久しぶりのゴール

ミッドウィークのナイトゲームはDAZNが重く、試合を楽しむことができなかった。大分のパスも前線に届かないし、映像も止まっては動くの繰り返し。二重の意味でストレスのたまる試合だった。しかし、大分にとって久々のゴールを岩田が決め、そこから攻勢をか…

【大分―仙台】崩れたゲームプラン

開始1分経たないうちの失点で、大分のゲームプランはあっけなく崩壊した。おそらくは失点を回避しつつ、じっくり攻めるプランだったのだろう。何といっても今日のメンバーを見る限り、後半にギアを上げることは不可能に近い。伊佐と髙澤をいつ投入するかとい…

【名古屋―大分】狙ったスコアレスドロー

川崎に勝ったもののC大阪に敗れた後で迎えた、連戦の最後のアウェイゲーム。選手のコンディションを考えても、無理はさせられないところ。大分の狙いはスコアレスドローだったのではないか。片野坂監督は前半をスコアレスに抑えて後半勝負という展開を好む傾…

【大分―C大阪】余力なく

土曜日の川崎戦に精力を注ぎすぎたせいか、大分の選手は動きにキレが見られなかったし、終盤にはすっかりチャンスが作れなくなってしまった。選手層の薄さというか、コンディションの整った選手があまりに少ないようにも思う。久しぶりに登場した高畑は存在…

【大分―川崎】川崎の胴上げ阻止

柏戦が延期になったことで、大分はこの川崎戦への十分すぎる準備期間を手にした。選手のコンディションや知念の契約問題も考慮して選択された戦術は、1トップの伊佐を2人の作れるシャドーがサポートする形だった。小出をサイドに置いたのは、スタメンでは出…

【横浜FC―大分】しびれる逆転劇

2点先行を許した時点では、前節のストアレスドローの意味を失ったかと思っていた。後半に入って星を下げ、田中を左サイドに回す。シャドーでは良さがまったく出せなかった彼が、これで息を吹き返した。そして、知念だ。シュートを打つ意識、そして自分で決め…

【大分―浦和】計算通りの勝ち点1

選手層が薄くコンディション不良者も多い大分トリニータにとって、ミッドウィークにも試合がある今週は、どの試合で勝ち点を取るかをしっかり想定しておくことが重要だ。この連戦はいずれも難しい相手だが、ホームで戦う浦和戦を落とすと痛いし、気持ち的に…

【トリニータ】小瀬の幻影

今週は大分トリニータの試合がないので、たまには試合のレビュー以外のことも書いてみようと思う。佐藤和弘が松本山雅に期限付き移籍し、さっそく試合に出ている。そのことで思い出したのが、2018年のJ2で甲府と対戦した中銀スタジアムの試合だ。このゲーム…

【大分―G大阪】交代カードのメッセージ

チャンスは作った。しかし、最終的に東口を破れなかった。それこそがサッカーの面白さなので、好セーブに遭ってしまったことは致し方ない。ただ、大分の選手交代に籠められた意味が見出しにくかったのも、また確かだ。チャンスも作っていたしバランスも悪く…

【神戸―大分】上出来の勝ち点1

失点の場面はムンのポジショニングに問題があったとはいえ、彼は終盤の田中順也のシュートを防いでくれたので、トータルではイーブンだ。攻撃陣はよい形を何度も作っていたものの、神戸GK吉丸が当たっていたので仕方ないところだろう。5点くらい取っていても…

【横浜M―大分】ゲームプランに疑問

大分は、この日のゲームプランをどう考えていたのだろうか。雨の中のゲームであることは承知の上だったはずだが、長身選手が多いわけではないので空中戦を仕掛けることはできない。そこで、あまり走らずにミドルパスを多用し、ポゼッションサッカーの進化版…

【大分―清水】苦しい選手起用での勝利

めったに故障情報を出さない大分が、前田、香川、小林成豪の故障を開示した。サイドに星と小出を起用しているのは厳しいはずなのだが、そのふたりがしっかりと貢献できているのは負けが込んだ時期にも多くの選手を起用していた効果なのかもしれない。クロー…

【鹿島―大分】生きた教訓

前節の広島戦では、大分は片野坂監督の言葉を借りるなら「ギアを上げるスイッチがなかなか入らなかった」のだが、今節はその教訓が生きた。ハイプレスに押し込まれて前線にボールが渡らない時間が続いたが、前半の終盤からはチャンスを作れるようになった。…

【大分―広島】ハイプレスに沈む

今日はネット回線の状態が悪く、DAZNの映像が止まり勝ちだったので総評のみに留める。大分は広島のようにハイプレスで来る相手には、パスの出しどころを失ってしまう試合が多い。視野を広く持てる長谷川や小塚がいればまだしも、今日のメンバーは逆サイドの…

【大分―横浜FC】守り切ったことが収穫

嫌な予感がしていた。ハーフタイムで3枚代えをした横浜FCに流れが移り、なかなかボールが収まらない大分。瀬沼と安永の出来が良かっただけに、ドローになってしまうような気がしたのだ。今日の収穫は、そんな展開の中でも逃げ切れたことだ。足が止まった前田…

【東京―大分】野村の予感

なぜかはわからないが、僕は今朝急に野村直輝が気になって、Twitterをたどったり今季の出場状況を調べたりしていた。その野村がキレのある動きでチャンスを作って田中のゴールを生み、そしてさらに自分でゴールを決めた。前線で自信に満ちたプレーをしてくれ…