【国立新美術館】ボルタンスキー展

イメージ 1

国立新美術館で開幕した、クリスチャン・ボルタンスキー展へ。鼓動のような規則的なビートだけが流れる静寂な空間に広がるボルタンスキーの作品は、それらすべてでひとつの世界観を構成しているような印象を受けました。彼の作品は、影絵を使ったり日本語の音声を取り入れたりと、境界線を越える感覚を多彩に見せてくれます。

見方によっては墓標にも見える人々の画像とそれらを照らす灯りは、名もない個人の人生に敬意を示したようでめあり、今の僕の心には深く響きました。大阪での巡回中に行こうかと思ったほど気になっていたのですが、国立新美術館の高い天井の下で見てよかったと思います。