【川崎―大分】5分で崩れるゲームプラン

地力の差は歴然としているので、結果は甘んじて受け容れる。しかし、おそらくはこの試合もいつものように「前半はスコアレス」を狙ったのだろうが、そのゲームプランが開始5分で崩れてしまっては如何ともしがたい。大分の今日の布陣は、僕の予想通り右に小出、左に香川という守備重視の実質5バック。先制されてしまうと、サイドを起点にチャンスは作りにくい。本来なら香川は崩せるはずなのだが、三竿が開いてその前に香川というビルドアップではスペースを自分たちで消してしまったようなものだ。小出は前に仕掛けないし、渡と田中は裏を狙わずに受けに下がってくる。2点リードされても「前半はスコアレス」のプレーしかできない修正力のなさは致命的だ。

そして、後半に入ってもサイドを活性化する選択肢はほとんどなかった。唯一のカードだった高山が、何とも無様なファーストタッチでボールを失ってはもう見ていることが苦痛になる。松本も井上もメンバーには入っておらず、疲労した田中が回っても崩せるはずがない。三竿があんなミスを繰り返すくらいなのだから、ほとんどの選手がコンディションを崩しているのだろう。それでも、ここまで形が作れないのは選手の責任ではないように思う。

 

川崎 2-0 大分(得点:三笘、レアンドロ・ダミアン

 <GK>
ムン  6    : デビュー戦としては上々

<DF>
刀根  5.5 : ビルドアップで前に出せない
鈴木  6.5 : 1対1では抑えたが  
三竿  5    : ミス多く攻撃にも絡めず

<MF>
小出  5    : ドリブルしないサイドは怖くない
長谷川 5.5 : ボールタッチ少ない
島川  5    : 奪ってもつなげない
香川  5    : 相手に読まれ攻めに絡めず

<FW>
髙澤  6    : 唯一足元に収まった
渡   4    : ゴールに近い位置でのスルーは理解できない
田中  5    : 前半途中でサイドに回してもよかった

<SUB>
小林成 5    : まったく目立たず
高山  4.5 : お粗末なミス連発
三平  5.5 : モチベーションは感じたが
佐藤  5.5 : あの時間帯のプレーではない
伊佐  5.5 : もっと前でプレーしないと

<監督>
片野坂 4    : 弱気の采配はやむを得ないが修正力が皆無

敗退が決まったルヴァン杯を経て、次も難敵の横浜Mだ。もはやコンディションが良いのが誰なのかまったくわからないが、少なくとも序盤の失点やパスミスからの失点はもう見せないでもらおう。知念と髙澤の2トップでの3-4-1-2を見たい。トップ下は小塚でも小林成豪でもよい。